2019 飛騨高山ウルトラマラソン100kmに再挑戦!《くま》

私の故郷の飛騨高山で毎年6月に行われるウルトラマラソン。
昨年も挑戦したものの、74.1km地点の第4関門手前で無念のタイムアップ。
今回はTeam Trippersのナビゲーター 兼、友人でもあるミキティが
ペーサーを務めてくれるという心強さ。
さあ、今年はリベンジなるか。
一番左がお兄ちゃん。

・大会概要
2019年6月9日(日)
距離:100km / 制限時間:14時間 / 累積標高:3800m

・目標&プラン
獲得標高が3800mと国内屈指のタフなコースなので時間の余裕は全くなし。
登り基調の前半は、登れる斜度は全て走り、極力歩きを減らしたい。
おもてなし愛の強いエイドでは、愛に甘えていつも入り浸ってしまいがち。
誘惑に負けず、滞在時間を削り先を急ぐ。
制限時間の15分前のゴールを目標にタイムチャートをエクセルで作成。
何が何でも15分前ゴールを目指す!

・当日
レース前夜はいつもワクワク興奮で寝れないが、今回は2回目&実家ということもありたくさん寝れました。
スタートは4時45分。3時に起床してご飯を食べて4時までに会場入りします。
この大会では、なんとスタート前にもエイドがあるんです。
温かいコンソメスープで癒され、落ち着いた心でスタートラインに立つことができました。

・レース レポート
登りが続くよどこまでも(スタート→第1関門→第2関門)
第1関門をタイムチャートジャストに順調に通過。
スタートからずっと登り基調のコースですが、30km地点からは更に急な勾配の坂が続きます。4kmで500m上昇の坂はとても走れません。
もちろん、周りのランナーも歩き出します。でも、ここが頑張りどころ!
走りと歩きを交互に繰り返すよう、ペーサーのミキティから指示がきます。
「私が走ったら走ってね。私が歩いたら息を整えながら歩いてね。」
その背中についていく。
200歩走って、100歩あるく。
200歩走って、100歩あるく。
200歩走って、100歩あるく。

まじシンドイ。……永遠に坂が終わらないと思ったよ。

至福の下り(第2関門→第3関門)
登りを頑張ったおかげで、第2関門を目標より10分早く通過。
次の関門までは長い下りが続きます。下りが大好物な私ですが、ここで調子に乗ってはいけない。
ペースを抑え、後半のために脚にダメージが残らないよう下りを走ります。
心がけたこと→ピッチを上げる。胃を揺らさないように上下動を抑える。景色とミキティとの会話を楽しむ。
それでも胃に違和感を覚えたので、即座にMAGMA ATHLETE BARLEY を投入。

おかげで第3関門の名物、飛騨牛とトマトシャーベットを美味しく食べれました。

いざ、千光寺へ(第3関門→第4関門)
60km地点から毎年ランナーを苦しめる2kmの千光寺の激坂が始まります。
くま:まさか走らないよね?(恐る恐るミキティにお伺い)
ミキティ:ここは走らないよ。でも誰よりも早く歩く!(イケメン顔で即答)

疲れてくると猫背になってしまいがちですが、ここはフォームを意識して登ります。
骨盤を立て、やや前傾、ピッチを多くして前に進む。するといつもは登り坂でガンガン抜かれまくりの私ですが、誰にも抜かれない。
キロ14分を予定していたところキロ11分で激坂を攻略。
千光寺境内の108段の階段も元気に走って登れました。(カメラの前だけね)
さあ、ここからは昨年のDNFで経験していない未体験ゾーンへ突入です。

来たぞ、未体験ゾーン(第4関門→第5関門)
ここからは平坦な道が続きますが、油断は禁物。
だいぶ疲労が溜まってきて膝と前脛も痛みます。でも90km手前にあるラスボスと呼ばれる坂で時間を取られるかもしれない。そのために少しでも貯金を増やしたい。キロ7分以内を目標に走ります。

ここからはゴールまであと何kmと考えることをやめて、次の給水ポイントまで頑張る作戦に切り替え。3~4kmごとにある次の給水ポイントが今の私のゴール。だからそこまで絶対歩くもんか。

給水ポイントの500m前になるとミキティから「くまちゃん何をする?」と質問がきます。
>トイレに行く。フラスクに水分を足す。
>ここは水分だけ摂って早く出る。
>次は固形物を多く食べる。

何でもない会話と思うでしょうが、このやることの確認がとても大事。
給水ポイントでの無駄な時間を大幅に削ることになり、次へ走り出しを楽にしてくれました。
さすが名ペーサー、ミキティ!

ラスボス登場
85km地点を通過。来ましたラスボス。
随分と脚もやられてきていましたが、この山さえ超えればあとは下りの10kmを残すのみ。
前半の坂パートの「200歩走って、100歩あるく」を思い出す。

前半はミキティが主導で引っ張ってくれた。
もう走るの?早く歩きたい。なんて考えながら、背中に食らい付いていただけ。
でも、後半は違った。自分から率先して走り出せていた。
100歩走って、50歩あるく。
100歩走って、50歩あるく。
100歩走って、50歩あるく。

くまちゃんスゴイね!ミキティからお褒めの言葉が。
なんて強くなったんだ、わたし!(感動…)
早めのウルっが来るが、いやまだまだと涙を戻す。

最後まで最後まで(第5関門→ゴール)
ラスボスを超えたらあとは下りのみ。私もミキティも大好きな下りです。
ここまでタイムチャート通りの走り。完走は確実な時間で進んでます。
歩いてもゴール出来るタイムですが、どうせなら最後まで走り切りたい。

90km、95km、残り3km、2km、1km…

最後まで走り切って、強くなった姿をミキティに見せたい。
それがTeam Trippersのナビゲーターとして尽力してくれてるミキティへの恩返し。
絶対歩くもんか。
絶対歩くもんか。
絶対歩くもんか。

ゴールが近づいて来て、脚の痛みとは裏腹に思います。
後半でこんなに走れるなんて、超楽しい。ああ楽しい。
贅沢なペーサーだったな。もっとミキティと走っていたいな。
なんて噂に聞く”ゴールしたくない症候群”を発症している間にゴールに到着。

予定よりも9分早く笑顔でゴール!

************
記録 : 13時間36分38秒
************

これが後半のペース表。後半頑張った証です。
後半にほぼ同じペースで進めたこと、最後まで歩かず走り切ったこと。
それは大きな自信になりました。
今回ミキティから学んだことを次の冒険でも活かしたい!

ああ、早く次の冒険がしたい!

心から、楽しい時間をありがとうミキティ。

・装備
バックパック:Answer4/ FOCUS Ultra
シューズ:HOKAoneone / CLIFTON5
シャツ:Trippers/ オリジナルTシャツ
インナー:Millet / DRYNAMIC MESH タンクトップ
パンツ:MMA / BOTANICAL 7 POCKET RUN PANTS
ソックス:DRYMAX / シン・ランニング

・補給食
ジェル:4本⇒3本消費
塩熱サプリ:14粒⇒4粒消費
VESPA HYPER:6本⇒4本消費
MAGMA ATHLETE BARLEY: 4本⇒3本消費

イベント&ゼッケンポーチ