2020年のリペア&カスタムを振り返る

2020年のうちに振り返るはずが、気づけば2021年のもうすぐ2月に。タイミングを逃しましたがリペアやカスタムの一年振り返ります。

去年、一年間リペアとカスタムをほぼ私が担当させていただきました。
去年ご依頼いただいた件数を数えてみましたが、、、

138件ありました。

件数を意識したことが無く、実際数えてみると思いのほか多くて驚きました。そしてご依頼ありがとうございました!
リペアとカスタムは基本的に全く同じ事例がないので毎回自分の頭の引き出しをかき回して仕様や工程を考えています。

138件の中でご依頼の多かったリペア・カスタムの勝手にランキング
(実際の数字ではなく私の感覚ですが多分合ってると思います。笑)

3位 縫い目、ステッチほつれ

ザックのステッチは摩擦や生地の伸縮についていけずミシン糸が切れてしまったり、力がかかるところのミシン糸が耐えきれず切れてしまったり。
ほつれるとどんどん広がっていきますのでお気を付けください。

      

2位 ループ追加

ポールホルダーをつけたるめ、バンジーコードを通すため、などザックにループをつけるご相談をよく受けました。10mm巾のテープで1箇所500円+tax ~になります。(仕様やつける箇所で金額が変わりますが大体500円でつけています。)
寒い時期はバンジーコードをつけると上着をつけることができて便利です。

     

1位 なんといっても破れ補修

圧倒的に破れのリペアご依頼が多かったです。「破れ」といえども、転んだ破れ、摩擦での破れ、伸縮する生地の破れ、、、、破れも多種多様。穴の大きさ、生地、破れによって毎回リペア方法やミシンの針の選択など工夫しました。

上の写真はミシンで補修していますが、当店には直線縫いのミシンのみの設備のためポケットの底などはミシンが届かず手縫いになることもたまにあります。
その都度リペア内容やデメリット点はお客様にお伝えしておりますので、ご不明な点はご相談ください。

リペア内容によって当店で出来ないことがあり、ご希望に添えず何度かお断りしてしまうこともありました。その中でも、生地の劣化に伴う破れのご相談は補修してもまた違う箇所が破れる可能性が大きく(予備軍が見受けられる場合)劣化には逆らえずお断りするケースが多かったです。

色々検索して当店にたどり着いてご相談くださる方もおり、大変感謝しております。
LINEでのご依頼が増え、画像付きでやりとりが気軽にできるようになりました。価格は仕様や付属で変動します。事前に写真付きでご相談いただけるとお見積もり出しやすいです。

LINEで送っていただく際(LINEされていない方はメールでお願いします)
・リペアやカスタムしたい箇所
・そのアイテムの全体画像
・近隣でお住まいで持ち込み希望or配送でのやりとり希望(往復の送料はお客様ご負担お願いしております)
・希望納期(お預かり期間は基本的に2週間です)
上記の記載がありますと助かります。

↓リペア・カスタムご希望の方はLINEはこちらからやりとり出来ます↓

友だち追加

ですが!!!!

すいません、、、2月はリペア・カスタムを1ヶ月ほどお休みします。
オリジナル商品の作成など行えたらと思います。
LINEでのご相談ややりとりは可能ですが、作業はお休みします。
再開時はおしらせします。



個人的な話ですが、ピザカッターのケースが作りたいなと思っています。
検索してもレザーのかっこいいケースしかなく。
みなさんキャンプに持って行く時どうしてるんでしょうか。

拙い文章ですが最後まで読んでいただきありがとうございます。

カスタム担当 ちか

イベント&ゼッケンポーチ