① 大会名
津南ウルトラマラソン64kmの部

② 目標タイム
制限時間の12時間以内

③ 結果
11:30:10で完走

④ なぜそのレースに出ようと思ったのか
友人に誘われて面白そうだったので

⑤ レースまでの練習内容
参加を決めてから大会まで1ヶ月半程でした。フルマラソンも走ったことがなく、コーチからは練習の頻度を上げることと、長く動くトレーニングをすることをアドバイスして貰いました。

元々登山がメインだったため、週末は走るより登山に行くことが多かったです。
行動時間は一日8時間〜12時間で、距離は長くて20kmほど。宿泊の場合は10キロくらいの荷物を背負って歩きました。
平日は、5km〜10kmを週に1回〜2回程走りました。

長距離を走るトレーニングとして、TRCの山手線一周マラニックにも参加。途中で脚が痛くなり23kmの地点で離脱してしまいました。
が、結果的にこの経験が大会でとても役に立ったと思います。

⑥ TRCに入って今までと練習で変わった点
入る前はいつも同じ練習コースでした。他のメンバーが楽しそうなコースを走っているのを聞いて、他のところも走るようになりました。走る場所を考える楽しみもできたと思います。

⑦ 当日のレース展開
ホテルを起点に、16kmのコースを4周する周回コースでした。

快晴の中、朝8時にスタート。
他の出場者のペース速く、すぐに集団から置いて行かれました。
コーチからは、マラニックの時と同じ部位が大会でも痛くなりやすい、とアドバイスを貰っていたため、痛くならないようマラニックの時よりペースを抑えて走りました。
自然も多く12km地点あたりまでは気持ち良く走れましたが、周回の最後4kmはずっと登り坂。ここは諦めてほぼ歩きました。

2週目は疲れてきてペースも落ち始め、4km毎にあるエイドステーションを楽しみに走りました。梨、バナナ、焼きそばが美味しかったです。
スタートしてから約6時間、3週目が一番辛かった。追い越して行く100kmの部の参加者が、次の周は気温が下がって楽になるからと励ましてくれました。気が楽になりありがたかった。タイムもこの周が一番遅かったです。

3週目が終わって起点のエイドステーションに着くと、既に走り終えた仲間が迎えてくれました。立っているのも辛かったけど、元気をもらって4週目に入れました。時間的にも制限時間まで3時間半と余裕がありました。
途中で日没を迎え、ヘッドライトを付けて走行。走る人はかなりまばらに。暗い中、ラスト1kmの看板を記念撮影。なんとかゴールできました。

⑧ 目標を達成できた要因
・自分に合ったペースで走れたこと
・起伏のあるコースがたまたま合っていたこと
・励ましてくれる人がたくさんいたこと

⑨ 感想
みんなが応援してくれるとても温かい大会でした。また参加したいです。
ただ、トレーニングはもっとしっかりしないといけないなと、痛感しました。